イベント

ジョジョ展長崎・金沢のキービジュアルがかっこいい!【荒木飛呂彦原画展】

東京・大阪で人気を博したジョジョ展『荒木飛呂彦原画展JOJO-冒険の波紋-』が2020年、長崎・金沢でも堪能できることになりましたね。

この長崎、金沢のキービジュアルが凄くかっこいいし、キャラが楽しいと評判。スタンドもちっちゃく隠れています。

ここではモチーフや隠れスタンドを見ていきます。

キービジュアルがかっこいい!

 

『荒木飛呂彦原画展JOJO-冒険の波紋-』は2017年の連載30周年を記念して2018年から2019年にかけて東京・大阪で開催されています。

『ジョジョの奇妙な冒険』の世界観やキャラクターの美しい個性が存分に堪能できる原画展となっており、ジョジョファンはもちろんジョジョファンでなくともオススメ。

2020年に長崎・金沢を巡回することが決定し、それぞれのキービジュアルも公開されました。

東京・大阪のキービジュアルも凄くかっこよかったのですが、今回のキービシュアルも非常に評判がいいです。グッズ付前売りチケットのグッズにもしっかりプリントされています。

グッズは専用ケース入りのしおりとラゲッジタグなのですが、その専用ケースを開いて表紙と裏表紙をつなげると長崎のキービジュアルと金沢のキービジュアルが一対になる形に。

モチーフは国宝!尾形光琳の燕子花図屏風

長崎のキービジュアルと金沢のキービジュアルの色彩や空間を見た瞬間、ジョジョファンならずとも心動かされたのが、美術ファンではないかと。

モチーフは国宝・尾形光琳『燕子花図屏風』

しかも、この『燕子花図屏風』は屏風なので右隻・左隻とで一つのセットになる作品。

長崎と金沢を横に並べるとまさに『燕子花図屏風-JOJOver.』(仮)。荒木先生のセンスの良さをここでも感じられずにはいられません。

 

スタンドを探して楽しんでいる方々も…

 

よくよく見ると猫草もいますね。

まとめ

・ジョジョ展(長崎・金沢)のキービジュアルがかっこいい

・モチーフは尾形光琳の『燕子花図屏風』

・スタンドも隠れてる

関連記事

ジョジョ展長崎のグッズはクレジットカードで買える?値段や種類もチラ見

ジョジョ展長崎はいつからいつまで?開催期間や時間をチェック!【荒木飛呂彦原画展】

ジョジョ展長崎の場所はどこ?アクセスや駐車場をチェック【荒木飛呂彦原画展】

ジョジョ展長崎のチケット購入方法!前売り券や当日券の値段や種類を確認